一家

PBを利用すれば破格の値段で消耗品が買える

買い物

安くても高品質

現在非常にシェアが拡大しているPBですが、安くても品質は問題なく人気です。毎日買い求めるような商品をPBに切り替えれば、一日あたりでは小さな金額ですがその積み重ねを考えれば大変お得になり、家計に対する大きな貢献になるでしょう。

プライベートブランドとは

商品を選ぶ人

NBとの違い

一昔前まではどの商品も、製造を行うメーカーが企画・製造していました。その為、基本的にどこの小売店でも購入できる形になりました。しかし小売店としては、商品を売る為に、そして消費者に購入してもらう為には、価格を下げるしか方法がありませんでした。そのメーカーと小売店や流通業者の関係に変化を与えたのがPBです。PBとはプライベートブランドの略称です。商品開発はメーカーではなく、小売業者や卸業者が行います。PBが台頭してきて、メーカーは製造のみを行うという一昔前とは違う関係になりました。PB商品は特定の場所にしか販売されないので、注目を集めやすく運送費も削減できます。同業者と差別化を図れる為、今や各社共PB運営に力を入れています。この言葉ができてから、反対に以前の様にメーカーが開発する商品をナショナルブランドと呼ばれ、NBと略称されています。このPBとNBの違いは責任の所在です。PBは製造はメーカーが行いますが、在庫管理はNB販売者が行います。つまり売れ残りの処理は販売者が行う形になります。不備があった場合はPB販売者が責任をとります。NB商品にはメーカーの名前が大きく書いています。取引上在庫はメーカーが引き取りますし、不備があった場合も対応します。メーカーの保証があるという事は、消費者に安心を与えます。以上の様に、PBとNBの違いがあります。PBの一番の利点は商品の流通経路を簡素化して、商品の値を下げられる事です。

女の人

安さの仕組みとは

安くて品質が高いのが特徴的なのがプライベートブランドであり、PBと略される事が多いです。なぜこのようなことが可能なのかというと、まず広告宣伝費がかからないことが挙げられます。また、流通コストが下げられることなどが理由となるでしょう。

買い物かご

うまく活用してお得に

PBは小売店が主導となって商品の企画や開発をしている商品です。一般的な商品に比べて、安いというメリットがあります。製造しているのは一流メーカーということも多いので、パッケージだけ異なっているというケースもあります。